がん遺伝子治療について

「何らかの原因で変異した遺伝子を、正常にするためのタンパクを投与して正常化させる」これががん遺伝子治療です。免疫細胞療法や三大治療とは作用機序が異なる治療方法です。

遺伝子治療の二大目的

無限増殖に対して

がん細胞の増殖を止めるスイッチをオンにする

不死生存に対して

がん細胞を正しくアポトーシス(自然細胞死)に導く

  • 副作用が極めて少ない
  • 三大治療との併用で相乗効果
  • どこの部位でも治療可能
  • がん幹細胞にも有効
  • どのステージでも治療可能
  • がん種類、治療場所を選ばない